首页ico 您现在的位置:主页 > 人工翻译 >

汉语中并列式、对称式短语的日语翻译

作者:六九翻译 栏目:人工翻译

一、引言

翻译是不同语言之间的信息转换,是跨文化的语言传递。一个好的翻译,不仅要求译者能够驾驭外语、母语及深谙两种文化的功底,同时还要求译者了解两种语言在语法、修辞及表达方式方面的异同。

词是最小的造句单位,短语是比词大的造句单位,由两个或两个以上的词按照一定的方式组合起来。汉语中为了讲究句子的平衡、气势、韵调,常常采用对仗、重复、排比等修辞手段以渲染效果。这种修辞意义上的原理对短语以及熟语的词法结构起到很大的制约作用,因此在汉语句子中,一些词和词组重复使用的现象和结构类似、含义相同的几个词组连用的现象是相当普遍的。本文中拟对汉语中如下几类短语的日语翻译谈谈自己的看法。

1、多重并列式短语

2、结构对称的短语

3、并列式四字熟语

第一项由多项直接成分平等地组合而成,具有以 “多点代面”、信息密度高、写实性强的特征,词义上有时未必是各种成分的简单累积,如“老弱病残孕”、 “子午卯酉”、“柴米油盐酱醋茶”,相比之下,日语的词汇讲究“以面盖点”、概括性和抽象性强的特征。所以翻译成日语有时应该采取裁剪式、归纳提炼式的减译或意译加注的方法进行处理。后两项一般由结构相似、内容重复的两组词构成,如“横挑鼻子竖挑眼(「あら探しをする」)”、“狐朋狗友(「悪党の一味・不良仲間」)”。日语同样并没有相同的词法结构。在翻译成日语时原文中意思重复的词句往往只译出其中的一个,即删去不符合目标语思维模式、语言习惯和表达方式的词,或者归纳、凝炼出原文的内容,以避免译文累赘。如果直译把汉语表达方式中的每一个信息都翻译出来,译文就诘屈聱牙,晦涩费解,甚至会曲解原文。

二、多重并列式短语

本章节探讨的是三个或三个以上的词构成的、一般不能直译的汉语并列式短语的日语翻译问题,因为两个词构成的并列式短语一般可以直译,如“英雄豪杰(「英雄豪傑」)”、“风俗习惯(「風俗習慣」)”、

“又粗又大(「太くて大きい」)”。

例 1: 在影视圈十几年的摸爬滚打造就了她纯熟的演技。

译文:十数年来にわたり芸能界において鍛え抜いたキャリアは彼女の今日の円熟した演技を作り上げた。

本句中的“摸爬滚打”是由四个单词构成的并列短语,转意为“经历丰富”、“历尽艰辛”。如果逐一对应地译为「手探りする」、「這う」、「転がる」、「打撲する」则不能表达原文的真正内涵,所以译文中没有一味地根据字面意思直译,而是采取凝练的方法,译为「鍛え抜いたキャリア」。

例 2: 有趣的是,这位小伙子的发明大多是和“马大嫂”有关的厨房用品。

译文:おもしろいことに、この青年が発明したものの多くは、主婦業と関係がある台所用品ばかりである。

“马大嫂”是上海方言“买汰烧”的谐音,有诙谐的含义,指家庭主妇买东西、洗衣服、做饭菜。译文中有机地结合了“马大嫂”的人物形象,合而为一地译为「主婦業」。

例 3: 小李刚来日本不久,每次乘车时都能听到“在车内使用手机会影响到其他乘客,请不要使用”、“在老弱病残孕专座附近的乘客请关闭手机电源”的广播。

译文:来日したばかりの李さんは、電車に乗る度に、「車内での携帯電話のご使用は、他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください」とか、「優先座席付近では電源をお切りくださるようお願い申し上げます」というアナウンスを聞いていた。

“老弱病残孕”一词高度地体现出信息稠密化的特点,如果直译显得累赘,所以合译为「優先座席」。

例 4:说到一个菜如何吃,他绝对能给你说出个子午卯酉来。

译文:ある料理をどう食べるかについて、彼は必ずにこと細かく教えてくれます。

“子午卯酉”是十二地支中的四个地支,代表四个方向,又表示古代记时的四个正时辰,引申义为“条理清晰的内容”、“完整的信息”。翻译时可适当加注释 :「十二支の四つから十二支全体を指し、転じて一組の事柄を意味する。」

例 5:声色犬马,纵情欢乐,剥削阶级过着穷奢极欲的生活。

译文:支配者階級は女遊びや道楽をやり放題で、贅沢三昧の生活をしている。

“声色犬马”一词涉及剥削阶级荒淫无耻的生活方式的方方面面。翻译时可以应用日语词“以点盖面” 的特点,采取裁剪法省略掉多余的成分,以下几句亦然。视必要可以加注:「声は退廃的な音楽、色は女色を指す。犬馬は犬を飼ったり乗馬したりすること。道楽のし放題をする意、支配者の荒淫無恥な生活の喩え。」

例 6:我这个人原本方向感极差,在北京就常常坐错车,加上每次都是参加作家代表团,无论走到哪里,都有人领着。但是这次来日本是单独行动,衣食住行都得自己张罗。

译文:私はもともと方向音痴で、北京でさえいつもバスや電車に間違えて乗っていた。その上、日本に来る時はいつも作家代表団に加わっていたので、どこへ行くにも誰かが案内してくれていた。しかし今回の訪日は単独行動のため、生活全般にわたって自分で面倒を見なくてはならない。

例 7:爸爸您呢,兢兢业业地教了 30 年的书,好容易评得个副教授,一个月 116 块工资。可是柴米油盐酱醋茶什么都要钱买,不向钱看行吗?您不要再“清高”了。

译文:お父さんと言えば、真面目に30年も大学で教えて、やっと準教授になったって、一ヶ月に116元の給料じゃないか。でも、米、味噌、醤油、何だってお金が要るんだよ。お金のことを考えないで済むと思う!お父さん、もうこれ以上「清廉高潔」はやめてください。

“柴米油盐酱醋茶”原来是平民百姓每天为生活而奔波的七件事,现代泛指家庭生活中的各样必需品。如果逐一翻译,显得累赘。所以挑选出主要三项翻译即可。视必要可以加上译注:「燃料や食料等の生活必需品」「生活に欠かせない七つ道具」。

例 8: 一名父亲在儿子出生后的 3 年多时间里,累计给孩子拍摄了 7 万余张照片,精选之后保留了 34481 张,并坚持每天制作至少一张配有小诗或人生哲理的“连环画”,记录儿子的吃喝拉撒睡、喜怒哀乐悲。他还不间断地把制作后的照片发到网上,由此引来了数万网友的围观,另有数千条网友跟帖,网友称其为“超级奶爸”。

译文:一人の父親が我が子の出生後三年余りの間に、総計7万枚余りにのぼる我が子の写真を撮影し、その中から34481枚を精選したうえで、さらに毎日最低一枚の写真に詞や人生哲学を配した「ストーリーアルバム」を作成し、我が子の日常生活や喜怒哀楽の表情を記録している。彼はさらに、製作した写真を毎日途切れることなくネット上に公開し、数万人のネットユーザーの注目を集めているほか、サイトには数千にのぼる書き込みがなされ、ネットユーザーからは“超级奶爸”(スーパーイクメン父ちゃん)と呼ばれている。

“吃喝拉撒睡”称为“生命五要素”,指一个人的基本生活需要,合而为一地译为“日常生活”,视必要可加注释:「本能に基づく行動の全て(食って飲んで出して寝る)」。

三、结构对称的短语

汉语短语中有一些结构对称的短语,结构具有固定性,构成成分、语序不能随意改变,意义上具有整体性等特点。如“你一言,我一语(「だれもかれもあれやこれやと言う」)”、“讨论来,讨论去(「いろいろ議論した末」)”、“丁是丁,卯是卯(「何事にもきちょうめんで、少しでもゆるがせにしない」)”、“上天无路,入地无门(「進退窮まる・窮地に陥る」)”。日语中虽然也有类似的表达方式,如“「蛍の光、窓の雪」「一挙手、一投足」,但是基本上都是汉语词法的影响而形成的,不是日语词法的特征。

例 9:左明批评母亲,母亲说他:“娶了媳妇忘了娘”,一把鼻涕一把眼泪地闹了一天。

译文:左明が母親を批判すると、母親は「嫁をもらうと母親を忘れてしまうと諺にあるが、本当だねえ」と一日中泣き喚いた。

“一把鼻涕一把眼泪”指人悲伤得痛哭流涕的样子,直译为「鼻水を垂らし涙を流す」未必能与原文吻合,可以意译为「泣きじゃくる」,本译文中结合

“闹”一词译为「泣き喚く」。

例 10:父母一把屎一把尿地把我们拉扯大很不容易,所以现在我们要孝顺他们。

译文:両親は苦労して私たちを大きく育てくれて実に大変だったので、これから親孝行したいと思います。

“一把屎”和“一把尿”同义同构,比喻(父母)养育儿女非常辛苦。译文中采取了简化的方法处理,视必要加注释:「『両親』が子供を養育するのはとても大変なことの喩え」。

例 11:他在演说时,东一榔头西一棒槌的,好像根本没有事先准备。

译文:彼は演説のとき、主題もなくでたらめなことをいっており、まるで事前の準備はまったくしていないようである。

例 12:他办事情从来就丁是丁卯是卯的,从来不给任何人开后门儿。

译文:彼の仕事ぶりは以前から規則に厳格で、いか

なる人にも不正に便宜を図ったことがない。

例 13:其实,分析白手起家的浙江民企,有一点是值得我们重视的,那就是:“到什么山唱什么歌”。实力弱小就要避开竞争锋芒,选择“姥姥不疼舅舅不爱”的苦活儿练。功夫做到了,兴许就能成功。

译文:実際、裸一貫から身を起こした浙江の民営企業を分析した時、私たちが重視すべきなのは、実際の状況に合わせて物事を行うことである。実力の無い者は競争の矛先を避け、誰からも好かれない苦しい仕事を選ばなければならない。努力を積み重ねれば、もしかすると成功するかもしれない。

“姥姥不疼舅舅不爱”意思是没人疼、没人爱、受冷落;或者说不太叫人喜欢。译为「誰からも好かれない」,为了帮助目的语读者理解可以加上注释:「母の実家のおばあさんにも愛されず、母の兄弟にも愛されない。一般に最も愛してくれるはずの人から愛されないということで、誰からも喜ばれない、という意味に使う。」

四、并列式四字熟语

汉语中有大量的四字格的熟语,四字格有三大特点,形式上整齐匀称,内部结构多为二二相对的并列关系;内容上言简意赅;从语音上朗朗上口,悦耳动听。因此为国人喜闻乐见。这些熟语结构上可以分为前后两个部分,并且两者同义同构,是出于修辞上的需要才组合而成,其中一部分词义是虚化的。日语中虽然也有不少「四字熟語」,但是其中纯粹是为了形式上的对称的同一同构的习语、熟语却不多见。翻译成日语时,不能追求形式的对等。一般情况下只需译出其中的一部分或意译或采取提炼概括式的方法。

例 14:到了星期天或是节假日,这里更是人山人海,摩肩接踵,整个街道热闹异常。

译文:日曜日や祝日になると、ここはさらに黒山の人だかりとなり、押し合いへし合いして、町中は異常な熱気を帯びている。

原文中的“人山”与“人海”,“摩肩”与“接踵”同义同构,体现了汉语鲜明的对仗特点。如果逐个译成日语就显得累赘了。下面几个句子亦然。

例 15:这样抠惯了的企业,今后真的实力雄厚而投身利润更高的行业,与依仗利润厚而大手大脚惯了的企业同台竞争,其竞争力不容小觑。

译文: このようにけちけち作戦に慣れた企業は、今後真に実力がつき、利益率がもっと高い業界に進出し、高い利益を頼りに資金をどんどん使うことに慣れた企業と同じ土俵で競争すると、その競争力は決して侮れないものである。

“大手大脚”形容花钱、用东西不节省,日语可以意译为:「金遣いが荒い」「金をぱっぱと使う」等。四字格的并列式熟语并非都是同义同构,有时每个构词成分都具有实际意义,词义上相对独立。这一类的熟语翻译时仍然需要同普通词语一般对待,不能虚化和弱化,而逐一译出每个词义。

例 16:和以往的杂文一样,在这篇文章里也少不了鲁迅的嬉笑怒骂。鲁迅把这种人比作是妓女。明明是妓女在出卖色相,但是如果有人在大街上指出来,反会被妓女骂作是流氓。译文:これまでの雑文と同じように、この文章にも魯迅の喜び、笑い、怒りと罵りが多く見られた。魯迅はそういう人を街娼と比喩している。明らかに街娼が売春しているのに、大通りでそれを指摘されてしまうと、逆に指摘した人を「不良」と罵るのである。

有时为了保持原文的风格,再现出发语的幽默感和生动性,同义同构的四字格并列熟语可以采用直译的方法处理。但是必须有一个前提就是目标语的读者能理解隐含其中的喻义。否则只能忍痛割爱了。

例 17:怎么他们都没个模样,一个个都歪瓜裂枣似的。

译文:どうして彼らはみな醜くて、歪んだウリや裂けたナツメみたいなのだろう。

译文为了保持原文的生动诙谐的表达方式作了尝试。以「醜い」一词作为铺垫,所以「歪んだウリや裂けたナツメ」在目标语读者心目里不难产生同样的联想。

悄悄的我来了,我轻轻的分享一下!

分栏图
客服ico

友情链接